モダンジム

Colmun

パーソナルジムコラム

モチベーションを維持するコツ

ダイエットをしているけど続かない。モチベーションが維持できない。

こんな経験をしたことある方も多いのではないでしょうか。

それは基本的に人間は長期的に物事を維持していくことが苦手だからです。

そこでパーソナルトレーナーがダイエットのモチベーション維持のコツを解説していきます。







記事のテーマ

ダイエットのモチベーションを維持するコツについてパーソナルトレーナーが詳しく解説します。


目次

  1. ダイエットで成功する人、失敗する人の違い

  2. ダイエットのモチベーションを保つ方法

  3. ダイエットのモチベーションを上げるためのツール




記事の信頼性

記事を書いている自分は北海道の専門学校を卒業後大手パーソナルジムで5年勤務。

うち4年間店長を務めた。

パーソナルトレーナーとしての実績はベストボディジャパン優勝者排出や自社お客様コンテスト、グランドチャンピオン排出などトレーナー最前線での実績は多数。年間成約率表彰などパーソナルジムの入り口から出口までで業界大手での実績がある。





読者への前置メッセージ

本記事ではダイエットのモチベーションを維持するコツについてパーソナルトレーナー目線でお話しします。

ダイエットのモチベーションを保つにはどんなことをすることが効果的なのかを詳しく解説します。

この記事を読むことによりダイエットのモチベーションを維持するためにやるべきことを知ることができます。

さらにダイエットを続けるためのコツも合わせて知ることができるのでよりダイエットの成功に近づきます。


それでは始めていきましょう。




ダイエットで成功する人、失敗する人の違い

まずはダイエットを成功する人と失敗してしまう人の違いを知っておきましょう。

ダイエットで成功する人と失敗する人との違いはシンプルです。

それは「ダイエットのモチベーション」の違いです。


・成功とは成功するまでやり続けること

・失敗とは成功するまでやり続けないこと


成功する人はダイエットをやり続け、失敗してしまう人はダイエットやり続けないのです。

ダイエットを成功するために、やり続けるにはどうやってモチベーションを保ち続けるか?




ダイエットのモチベーションを保つ方法

ダイエットのモチベーションを保つ方法を紹介していきます。

ダイエットする目的を明確にする

ただし「◯キロ痩せる!」「◯月までに痩せる!」など数字で目標を立てるわけではないです。

どういうことか。

・このサイズの洋服を着る!

・痩せて彼を振り向かせる!

・血圧を下げる!

など「見た目的な目標」を立てることをおすすめします。

「数値的な目標」を立ててしまうとその日の数字に一喜一憂してしまい悪かった日のテンションが落ちてしまい、それが数日続いてしまうともういいやとダイエットのモチベーション低下に直結するからです。

ダイエットをしていても毎日落ち続けることは基本的にありません。

長期的に続けていく必要性があり数字計測はできれば1週間に一回など少し間隔を空け計測しましょう。

そうすることにより次の計測までにきちんとやらなきゃといった気持ちで挑むことができます。

さらに気持ちのゆとりも生まれるためストレスもたまりにくくなるはずです。

気付いたらズボンのウエストにゆとりができていたり体の変化が出てくるとダイエットのモチベーション上昇に繋がるはずです。

数字目標を設定することは辞めて見た目を気にしていくことによりダイエットのモチベーションを保ちましょう。


ダイエットしない場合を考える

ダイエット中モチベーションが下がってきた場合、逆にダイエットをここで辞めてしまい、やらなくなった場合を考えてみるのもいいでしょう。

むしろ目標を考えるより、より現実的なものがイメージできるのでこちらの方が効果的かもしれません。

人は、◯◯をしたい!よりも、〇〇を避けたい!という気持ちの方が強いからです。

例えば、「これをすれば視力が上がります!」というよりも「これをしないと失明します!」と言われた方が心に響きますし、行動しようと思いますよね。

これをダイエットに当てはめて考えてみるわけです。

「ここでやめると周りの人から何を言われるかわからない!」「ここで辞めたらこれまでやってきた時間が無駄になってしまう!」など考え方を変えてみるだけでモチベーションが変わるはずです。


チートデイを設ける

チートデイとはダイエット中の食事制限を1日やめる日のことを指します。

「そんなことをしても大丈夫か?」と思う方も多いかもしれませんがダイエット中それよりも敵になるのが「ストレス」です。

女性は特にストレスによってダイエットが左右されてしまいがちです。

1週間に1回もしくは2週間に1回チートデイを入れることによってストレスフリーでダイエットを進めることができます。

「息抜き」をしてあげることも大切ということです。

チートデイについては別記事で詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。(チートデイいとは?!)


小さく細かい目標を設定し達成時にご褒美を設ける

達成感を感じるというものもダイエットのモチベーション維持には大切な項目です。

目標としている体重を達成できると達成感を感じることができダイエットのモチベーション上昇に繋がります。

例えば体重の目標以外に「1週間ダイエットを頑張ったら好きなものを買う」といった達成できそうな目標を細かく設定しダイエットのモチベーションを維持しましょう。


第三者にみてもらう

何事も1人でやり遂げるというのは難しいものです。

「ちょっと休憩」っといって休憩し過ぎてしまった…

そんな経験ありませんか?

それが「家族の見ている横でダイエットに励む」「恋人に宣言する」「会社の人に宣言する」といった第三者に監視される環境を作ることでダイエットのモチベーションが低くても「とりあえずやるか」とダイエットを強制的に続ける環境を作ることも1つの手段です。

友人や家族に伝えるのはちょっと恥ずかしいと思わる場合はSNSを使うのも一つの手です。実際にSNSのインスタやツイッターでダイエット専用のアカウントを持って発信している人はたくさんいます。

気になる方は「#ダイエット」などで調べてみてください。




ダイエットのモチベーションを上げるためのツール

ダイエットのモチベーションをあげるためには外因的な要因に頼ることも手です。




ダイエット成功者の成功例をみる

最近はSNSの活用が増えてきており「ダイエット日誌」「ダイエット記録」など調べればいろいろな方のアカウントをみることができます。

実際にその方がやっていることや辛かったことをみることができると「自分も頑張ろう」とダイエットのモチベーションをあげる1つのツールになります。


著名人の名言をみる

ハリウッドスターや有名人の方のプロポーションも全員生まれつきではありません。

努力ありきのプロポーションです。

その方々言葉をみてダイエットのモチベーションにすることもツールの1つです。

いくつか紹介していきます。



「私は自分自身にお腹が空いていないと催眠をかけるの。そうすると魔法のように食欲が消える。もしくは鏡を見るの。鏡の中の私の身体を見れば、それを絶対に失いたくないと思うから」

                                      

                                     ミランダ・カー(モデル


「肉体は隠すためじゃなく、見られるためにあるのよ」

                                     マリリン・モンロー(女優) 


 

「もし太りたくないなら、食べ物のない子どものことを考えなさい。そうすれば、太るほど食べられません」

                                     

                                    オードリー・ヘップバーン(女優)



映画を観る

ダイエットやボディメイクに関わる映画を観てダイエットのモチベーションを上げる事もオススメできます。

いくつか例を挙げますので参考にして下さい。


プラダを着た悪魔

ブリジットジョーンズの日記

カンナさん大成功です!



まとめ

ダイエットのモチベーションを維持するにはいろいろな工夫が必要です。

今回お話ししたものを実践するのも良し。自分に合った方法を自分で考えて実践するのも良し。

とにかくダイエットを成功させるためにはダイエットのモチベーションが大切です。

ダイエットのモチベーションを維持しダイエットそのものを継続し理想の体へと一歩ずつ頑張っていきましょう。

1人で行うよりパーソナルジムに通う事も賢い選択と言えます。

今回のこの記事でダイエットのモチベーションを少しでも保てるようになれば幸いです。




質問やご意見はinstagram、Twitterから受け付けてます。

お気軽にどうぞ。


トレニードはプロのパーソナルトレーナーが監修する ジムとお客様を

「ストレスなく繋ぐ」ためのパーソナルジム専門情報サイトです