モダンジム

Colmun

パーソナルジムコラム

リバウンドしないダイエットの方法とは?

ダイエットに興味がある方なら誰しもが知っている「リバウンド」。これはなぜ起こってしまうのか?防止することができるのか?


こんな悩みを解決します。







記事のテーマ

どうやったらリバウンドを防止できるのか?を詳しく解説します。



目次

  1. ダイエット開始時より太ってる?!リバウンドとは

  2. リバウンドの原因

  3. リバウンドする方の特徴

  4. リバウンド防止のポイント




記事の信頼性

記事を書いている自分は北海道の専門学校を卒業後大手パーソナルジムで5年勤務。

うち4年間店長を務めた。

パーソナルトレーナーとしての実績はベストボディジャパン優勝者排出や自社お客様コンテスト、グランドチャンピオン排出などトレーナー最前線での実績は多数。年間成約率表彰などパーソナルジムの入り口から出口までで業界大手での実績がある。





読者への前置メッセージ

本記事では「そもそもリバウンドについて」「リバウンドの原因」「リバウンド防止策」についてを詳しく解説しています。

この記事を読むことによりリバウンドについての知識を深めることができ、さらに計画的なダイエットを計画、実行に移すところまでできるようになります。

ぜひ最後までお読みください。


それでは始めていきましょう。




ダイエット開始時より太ってる?!リバウンドとは

まずはリバウンドとはダイエットをがんばって少し痩せたのにダイエット開始時と同じ体型まで戻ってしまう。

また、ダイエット開始時よりも増えてしまう。という現象のことをリバウンドと言います。


ダイエットを少しでも実践したことがあったり興味がある方はもちろん知っていると思います。むしろ経験している方もこの記事を読んでいる方の中にいるかもしれませんね。


そもそも折角痩せたのに戻ってしまう。こんなことがあっては頑張るモチベーションを著しく下げてしまい挫折する原因にもなり得ます。

つまりただ闇雲にネットの情報だけを見ていきなりダイエットを実践するのではなく成功するためにはリバウンドも視野に入れ計画的に行うことがリバウンド防止にもつながります。


私が実際大手パーソナルジムで勤務していた時によくカウンセリングでお客様は「リバウンドしてもまたがんばって痩せればいいや」という言葉をよく耳にしていました。

ですが実はリバウンドとはそんな軽く捉えてはいけないのです。

リバウンドを起こした身体は以前の身体とは大きく体質そのものが変わってしまっているためです。そのためリバウンドを起こしてしまうと以前と同じ内容では中々効果を出すことが難しくなってしまっているのです。


つまりリバウンドを複数回繰り返ししてしまった場合本当の意味で痩せにくくなってしまっているのです。




リバウンドの原因

リバウンドを起こしてしまう方の特徴としては短期間でものすごい食事制限を行い一気にダイエットをしてしまった。

という事例が多いです。

そこでリバウンドの原因となる主な体の状態を四つ紹介していきます。



・ホメオスタシスの働

人間には体重や現在の体型を一定に保とうとする働きが備わっています。

それがホメオスタシス(生態恒常性機能)という体の働きです。

ダイエットで急激に体重を落とそうとした場合にも、このホメオスタシス機能が働きます。減った食事の量に合わせてエネルギー量を減少させ、体重を落とさないように働きかけるのです。

ダイエットで停滞期が起きるのも、このホメオスタシス機能によるものです

また、もし痩せるのに成功できたとしても、以前の太った状態に戻ろうとする傾向がしばらく続くことになります。

以上のことから本来であれば短期間でのダイエットはリバウンドしやすいということになるのです。

痩せられたのであれば最低一年間は同じような運動量や食事内容で体型をキープし痩せたこの今の状態が自分のフラットな状態ですよと体に覚えさせないとならないのです。

そこが一番難しいところですがこれを一度体が覚えて仕舞えばホメオスタシスが働き太りにくくすることができるというわけです。

何事もそうですが継続が大切です。



・レプチンの働き

レプチンとは脳内から分泌されるホルモンの一種です。

ダイエットを行う方にはわかりやすく「痩せホルモン」と認識すると覚えやすいでしょう。

レプチンの詳しい解説は別記事でまとめていますのでこちらの記事もお読みください。

【パーソナルトレーナーが教える!ダイエットに効果的なレプチン(痩せホルモン)について】(リンク)→リンク?


ではこの痩せホルモンがリバウンドとどのように関係してくるのかというと

ダイエット期間中は正しく食事コントロールができていないと次第にレプチンの分泌量が減ってくるためです。

このホルモンには満腹中枢を刺激する働きもあるため分泌ができなくなってくると次第に食べる量が多くなってきてしまいリバウンドに繋がるというわけです。


・基礎代謝の関係

ダイエットと聞くと食べる量を減らしたり極端にカロリーを落とすようなやり方で行う方が多いです。

そうすると筋肉に対して栄養が行き渡らず筋肉が減ってしまいます。

筋肉は脂肪燃焼の焼却炉というふうに捉えると減らすことのリスクが分かりやすくなると思います。

焼却炉が小さくなってしまうとそもそもの基礎代謝量が落ちてしまい少しでも食べる量が増えると燃焼できなくなりリバウンドに繋がるというわけです。

筋肉量と基礎代謝は比例しており筋肉がきちんとある方は脂肪燃焼しやすい傾向にあり太りにくく筋肉が少ない方は太りやすいということです。


・ダイエット後の生活

人によってはダイエットした後の生活習慣が原因でリバウンドする方もいます。

ダイエット中は規則正しい食事時間や運動を行っていたが終わった開放感とともに暴飲暴食に走り今日だけはなどと一気に生活習慣を変えてしまう方がいるからです。継続が命です。

もちろんご褒美期間を作るのもいいですが計画的にその期間を設定しましょう。




リバウンドする方の特徴

・栄養不足

危ないダイエットの代表例の1つは、食事制限だけで痩せようとするダイエットです。

体を動かさないと筋肉に対して刺激が入らず基礎代謝が上がらない。

そうすると食事制限している期間のみ落ちますが少しでも戻した途端にリバウンドするという流れです。

また栄養素が十分摂取できていないと体が飢餓状態と勘違いしなるべく消費しない状態になってしまうのです。

脂肪燃焼するためには膨大なエネルギー消費が必要です。過度なカロリー制限や食事制限は体質を痩せにくいものに変えるだけでなく体に相当な負荷を与えてしまうのでできる限り運動とともに行いましょう。


・摂取カロリー<消費カロリー

運動のみで痩せようとする方も少なくないです。

ただ運動のみで痩せようとすると大幅な消費カロリーが必要になることと摂取カロリーも意識しなければなりません。誰しもがダイエット開始時はモチベーションが高く一日2時間など運動量が多く食べる量もいつもより気にしているため最初は落ちていくものです。

それが摂取カロリー<消費カロリーの関係性であれば良いのですが逆になってしまった途端リバウンドの原因となってしまいます。




リバウンド防止のポイント

・筋肉を落とさない。

運動と食事両方気にすることでできる限り筋肉を落とさず脂肪を落とすことに注力しましょう。

基本的には減量しながら筋肉を付けていくことはほぼ不可能です。

維持を目標として頑張っていきましょう!


・中長期的に計画する

短期決戦で考えてしまうとその期間終了と同時に油断しリバウンドしてしまいがちです。

きちんと無理のないペースで行いリバウンド防止に努めましょう。


・なるべくストレスを無くす

毎日数字ばかりを気にして数字が動かない日が1日でもあると気持ちが落ちてしまうものです。

落ちないから「食べる量を減らそう」「カロリーを抑えよう」「もっと頑張らなきゃ」

この気持ちは直接リバウンドへと繋がってしまいがちです。

頑張っている期間が長いからこんな日もある!というような前向きな気持ちで

ストイックになりすぎないようにしてリバウンド防止につなげましょう!




というわけで以上です。

この記事は【ダイエットの宿敵!リバウンドとは!】というテーマで執筆しました。

ここまで読んでくださったけれど解決しない!という方がいらっしゃる場合、パーソナルトレーナーに相談して見るもの賢い選択です。

私たちトレニードは現役パーソナルトレーナーでもあります。

経験や自身の体に基づきアドバイスすることができますのでお気軽にお問い合わせください。


質問やご意見はinstagram、Twitterから受け付けてます。

お気軽にどうぞ。


トレニードはプロのパーソナルトレーナーが監修する ジムとお客様を

「ストレスなく繋ぐ」ためのパーソナルジム専門情報サイトです