キーボードとマウス

Site policy

利用規約

利用規約

リモートダイエットサービス利用規約

 

第1条 (目的・適用)

1 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものであり、会員は、当社が定める条件に従って、本サービスを利用することができます。なお、サービスによっては追加情報を登録のうえ当該サービスを利用することにつき別途当社の承諾や追加の利用料の支払等が必要となる場合があります。

2 当社は、本規約のほか、特定のサービスにのみ適用されるものを含め必要に応じて個別にガイドラインや規約等(以下「個別規約」といいます。)を定める場合があります。その場合、会員及び登録申請者には本規約に加え個別規約が適用されます。個別規約の内容と本規約の内容が矛盾抵触する場合には、個別規約の内容が本規約の内容に優先して適用されるものとします。

 

第2条 (定義)

1 当社:株式会社incline

2 本サービス:当社が提供するオンラインサービス

3 会員:本サービスの提供を受ける者として本規約に基づき当社により登録された個人

4 登録希望者:会員として登録されることを希望する者

5 登録情報:当社が定めた本サービスの登録申込にあたって登録申込者が当社に提供する情報

6 会員登録:本サービスの会員として本規約に基づき当社により登録されること

7 登録申込:当社所定の方式で会員登録を申込すること

8 登録申込者:登録申込をした者

9 本規約等:本規約及び個別契約

10 広告主:本サービスを通じて会員に対して広告を目的とする情報を発信する者

11 広告情報:広告主から会員に対して発信される情報

 

第3条 (登録・会員)

1 登録希望者は、登録情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、登録申込をすることができます。

なお、未成年者は、親権者等法定代理人の同意を得たうえで登録申込を行ってください。

2 会員への登録希望者は本規約を遵守することを承諾した上で、登録申込を行うものとします。

3 登録希望者が以下のいずれかの項目に該当する場合、当社は会員登録を行わない場合があります。また、会員登録後であっても会員がいずれかの項目に該当することが判明した場合、当社は、会員資格を一時停止又は喪失させることができるものとします。会員資格を喪失した場合には、当該会員は、本サービスを受ける権利を失うものとします。なお、当社が以下の項目に該当することを理由に、会員登録せず、又は会員資格を喪失させたことにより、登録申込者又は会員に損害が発生した場合においても、当社は一切の責任を負わないものとします。なお、当社は、特段の理由なく会員登録を行わないことができ、会員登録を行わない場合でもその理由を登録申込者に開示する義務は負わないものとします。

 

・実在しない者の場合

・登録申込者が満16歳未満の場合

・登録情報に虚偽、誤記、記入漏れ、又は入力ミス等がある場合

・個人でない場合

・他人又は架空の個人情報を使って登録申請が行われた場合

・反社会的勢力の団体員及び団体関係者に該当する場合

・登録申請時点で本規約違反等により会員資格の停止処分中であり、又は過去に本規約違反等で会員資格の取消処分を受けたことがある場合

・その他、当社が不適当と判断する場合

4 登録申込を承諾する通知の到達により登録申込者は会員となり、第10条(利用料)に定める利用料金の初回の支払いが当社により確認されたのちに、本規約に従って本サービスの利用を開始することができます。

 

第4条 (変更の届出)

1 会員は、メールアドレスその他の登録情報(特定のサービスの利用のために追加的に登録した情報を含むものとします。)に変更が生じた場合には当社が別途指示する方法により、登録情報の変更手続を取るものとします。

2 会員は登録情報に変更が無い場合でも、情報の登録後1年以内に登録情報を確認するものとします。

3 前二項の義務を履行しなかった場合、当社は、会員の本サービスによって提供されるサービスを受ける権利の全部又は一部を失効させ、又は会員の地位を喪失させることができるものとします。

 

第5条 (登録解除及び会員資格の取消)

1 会員が以下の各号の一に該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに会員の会員資格を喪失させることができるものとします。なお、会員資格の取消により当社及び第三者に損害が発生した場合は、当該会員がその損害を賠償するものとします。ただし、当該会員に以下の各号の一に該当することにつき故意又は過失がない場合はこの限りではありません。

 

・第13条(禁止事項)の行為を行った場合その他本規約等に違反した場合

・利用料の支払がなされなかった場合

・会員が本サービスの提供を受けるにあたり、当社又はトレーナーからの指示に従わなかった場合

・登録情報に事実に反する内容・虚偽があった場合

・メールアドレスを変更した1週間以内に、第4条(変更の届出)1項に定める変更手続きを行わなかった場合

・ドメイン指定受信拒否などにより、本サービスからのメール、メッセージその他の通知を1週間以上受信できない状態が継続した場合

・登録がされたメールアドレスへのエラーメールが頻発する場合

・当社が本サービスにおいて提供する情報を当社の承諾を得ることなく改変した場合

・本サービスの運営を妨害した場合

・不正の目的をもって、本サービスを利用し、又は他の会員若しくは第三者に利用させた場合

・会員として不適切若しくは会員としての地位を保有させることが不適切であると当社が判断した場合

2 会員による会員登録の解除又は当社による会員資格の取り消し等理由の如何を問わず、会員資格を喪失した場合には、喪失時において当該会員が保有している本サービスに基づくその他の権利は全て喪失するものとし、会員は予めこれを承諾するものとします。

 

第6条 (サービスの内容及び提供方法)

1 本サービスは、本規約に従って提供されるものとします。

2 本サービスとして提供されるオンラインの1回の時間、内容、予約方法等は別途当社が定める通りとします。

3 予約の変更及びキャンセルは予約いただいた日時の1時間前までとし、別途当社が定める電磁的方法にて承ります。

4 1時間以内の予約の変更及びキャンセルは本サービス1回分の利用とみなされます。

5 予約時間内に所定のURLへの接続などオンラインレッスンへの参加が確認できない場合、無断欠席となり本サービス1回分の利用とみなされます。

6 予約時間の開始時に遅れて所定のURLへの接続などがなされるなど、会員がオンラインレッスンに遅刻した場合、遅刻した分の時間延長はできません (予約いただいた時間帯でのトレーニングとなります)。

7 会員が、オンラインレッスン開始予定時刻から10分が経過するまでに、当社又は当該オンラインレッスンを担当するトレーナーからの問いかけに応答するか否かにかかわらず、所定のURLへの接続が確認できないなど当該オンラインレッスンへの参加が確認できない場合、当社は、会員が当該オンラインレッスンを欠席したものとみなし、当該オンラインレッスンを終了することができるものとします。この場合、オンラインレッスンの利用があったものとして扱われます。

8 トレーナーは、体調不良その他の事情によりオンラインレッスンの指導ができなくなる場合があり、その場合、当社はオンラインレッスン開始の12時間前までに休講連絡、又は代行のトレーナーがオンラインレッスンを行う旨を記載した電子メールを当該オンラインレッスンを予約した会員に対して送信いたします。代行のトレーナーのオンラインレッスンを受けたくない場合は、オンラインレッスン開始の1時間前までにキャンセルを行えばオンラインレッスンの利用数としてカウントされません。

9 オンラインレッスン開始前12時間を過ぎたタイミングで、当該オンラインレッスンの担当トレーナーが体調不良その他の事情によりオンラインレッスンの指導ができなくなった場合は、当該オンラインレッスンは中止となります。予約中の会員はキャンセル扱いとなり、オンラインレッスンの利用数としてカウントされません。

 

第6条の2(広告配信等)

1 当社は、会員に対して広告主よりお預かりした広告情報を代行してウェブサイト及び電子メールにより配信することができます。

2 当社は、本サービスに関するウェブサイトへの記載、プッシュ通知、電子メール等により情報を配信することができます。また、それらの通知に広告主よりお預かりした広告情報を記載することができます。

3 本サービスは、上記以外にも随時会員に対するサービスを追加的に実施することができます。それらのサービスは本サービスに関するウェブサイトへの記載、プッシュ通知、電子メール等により告知されます。

4 本サービスにより提供されるすべてのサービスは、会員であることを前提として提供されます。したがって会員登録が取消し等された場合、すべてのサービスの提供が停止され、それに付随するあらゆるデータ等は破棄されます。当社はそれによって生じるいかなる損害、障害等に対して一切の責任を負いません。
 

第7条(通信機器等の使用等)

1 会員は、オンラインレッスンを受けるために必要となるスマートフォン、タブレットコンピューター等の機器を会員自身の費用で自ら用意し、また通信費を負担するものとします。これらの機器は別途当社が定める機能等を満たす必要があります。

2 通信障害によりオンラインレッスンへの参加(所定のURLへの接続)ができない場合、その原因が利用者にある場合はトレーニング1回分の消化となります。

3 本サービスは、Zoom Video Communications, Inc.が提供するビデオ通話サービス「Zoom」(以下「Zoom」といいます。)又はLINE株式会社が提供するビデオ通話サービス「LINE」(以下「LINE」といいます。)を用いて提供されます。会員はZoom、LINEの利用にあたり同社が定める利用規約を遵守するものとします。なお、当社はZoom、LINEの機能の不具合等については一切責任を負わず、またZoom、LINEの機能等について問い合わせ、相談等をする義務を負いません。

第8条 (サービスの停止・中断・変更・廃止)

1 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知又は告知なく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。

・本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を緊急に行う必要がある場合

・コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

・地震、落雷、風水害、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

・その他、当社が緊急の停止又は中断を必要と判断した場合

2 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、事前告知のうえ、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。

・本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を行う必要がある場合

・本サービスの改善、改修等のため必要がある場合

・その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

3 当社は、理由の如何を問わず、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの一部又は全部の変更、追加及び廃止、他社への譲渡をすることができるものとし、会員は予めこれを承諾するものとします。ただし、本サービスの全部を廃止する場合には、当社が適当と判断する方法で、事前に会員にその旨を本サービスに関するウェブサイトへの記載、プッシュ通知、電子メール等で告知します。

4 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第9条(利用料)

会員は、本サービスの利用の対価として、別途当社が定める利用料を、クレジットカードによる決済その他別途当社が定める方法にしたがって、別途当社が定める期限までに支払うものとします。

 

第10条(退会)

1 会員は、別途当社が定める手続きに従って退会手続きを取ることで退会の申請をすることができます。

2 退会の効力は、当社が退会を認める通知を発したとき(当該通知に退会の効力の発生時を定めた場合はその定められた時点)に生じるものとします。

3 退会の効力が発生した時点をもって、会員は本サービスに関する一切の権利を失うものとします。

第11条 (知的財産権)

1 会員は、本サービスを通じて提供される著作物その他の知的財産権について、提供にあたっての規定が設けられる場合にはかかる規定に従うものとします。なお、かかる規定に明示される場合を除き私的使用の範囲外で使用することはできないものとします。

2 本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

 

第12条 (権利帰属等)

1 本ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、会員登録を含め本規約等に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

2 当社は会員からのいかなるフィードバック、要望及び提案について、会員の許可無く使用する権限を有するものとします。

3 会員は、自らが、送信、アップロード等する情報について適法な権利を有していること、及び第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

 

第13条 (禁止事項)

会員は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する若しくは該当する恐れがある行為、又は以下の各号のいずれかに該当若しくは該当する恐れがあると当社が判断する行為をしてはなりません。

① 本サービスから提供された情報を複製、公衆送信、頒布、譲渡、貸与その他本サービスの私的利用以外に用いる行為

② 複数の会員登録を行うこと

③ 本サービスを通じ、以下に該当し、又は該当すると当社が判断する情報を送信、アップロード等すること

・コンピューター・ウイルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報

・当社、本サービスの他の会員又はその他の第三者の名誉又は信用を毀損する表現を含む情報

・反社会的な表現や他人に不快感を与える表現を含む情報

・チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報

④ 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負担を欠ける行為

⑤ 本サービスを用いての営利を目的とする行為

⑥ 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為

⑦ 他の会員のID又はパスワードを利用する行為

⑧ 第三者になります行為

⑨ 当社、他の会員又はその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為

⑩ 他の会員又はその他の第三者の個人情報、登録情報、利用履歴情報等を収集、開示又は提供する行為

⑪ 宣伝、広告、勧誘、又は営業行為

⑫ 宗教活動又は宗教団体への勧誘行為

⑭ 反社会勢力への利益供与

⑮ 本サービスの運営を妨害する行為

⑯ 当社、他の会員又はその他の第三者に対する詐欺又は強迫行為

⑰ 当社、他の会員又はその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

⑱ 法令、裁判所の確定した判決、決定もしくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為

⑲ 公序良俗に反する行為

⑳ 当社が別途定める本サービス利用に関するルールに抵触する行為

㉑ 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為

㉒ その他、当社が不適切と判断する行為

 

第14条 (会員の情報)

1 当社は、会員から入手したメールアドレスその他の会員に関する情報を、以下の目的で利用します。

・当社のサービス提供に必要な一切の利用

・当社が広告配信の受託を受けた広告主又は広告代理店(以下あわせて「広告主」といいます)が提供する広告の配信

・年齢分布、趣味嗜好分布、利用履歴等の統計処理を行い、個人を特定できない形にした上での広告主に対する提供又は一般公開

・当社からのお知らせ、メールマガジン、広告、販売勧誘等の配信又は郵送

・当社又は広告主が行うアンケート調査

・会員又は広告主からのお問い合わせに対する対応

・その他上記に付随関連する事項

2 会員は、当社が会員の要望と広告主の要望をマッチングするために、会員の情報(年齢分布、趣味趣向、利用履歴等)を集団にとりまとめた属性情報として、広告主に開示することを承諾するものとします。ただし、個人を特定できる情報を当社が公開したり販売したりすることはありません。

3 会員は、当社が連絡、確認のために登録されたメールアドレスに対して、登録された個人情報の内容をメールにて送付することを承諾するものとします。

4 会員は、当社が会員に対してより適した情報を配信するために利用履歴をとることを承諾するものとします。ただし、取得した個人の利用履歴を公開したり販売したりすることはありません。

5 当社は本規約に定められている場合及び法律で定められている場合を除いて、会員の個人情報を当該会員の同意を得ず第三者に提供することはありません。

6 当社は事業運営上、会員により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託することがあり、業務委託先に対して会員の情報を預けることがあります。この場合、情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において情報の適正管理・機密保持などにより会員の情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

7 登録情報を除き、会員が当社に対して情報を提供することは任意です。ただし、情報を提供されない場合には、一部のサービスの提供ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

8 会員は、個人情報の保護に関する法律に規定された一定の場合には、同法の定めにしたがい、自己の個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除及び利用又は提供の停止等を要求する権利があります。 ご不明な点やお手続きなどにつきましては下記ご連絡先までご連絡ください。

9 各レッスンは録画しており、目的は以下のとおりです。

① 会員の安全性確保上、事故や怪我などの問題が発生した際のみ、原因の特定や検証を行うために閲覧する場合があります。

② レッスンの録画の第三者への提供、または不当な目的には利用しません(犯罪捜査等で警察などから正式な手続きによる依頼があった場合は除きます)。

個人情報問合せ窓口

info@traineed.jp

 

第15条 (免責事項)

1 当社は、本サービスにより配信される情報の内容等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。

2 本サービスの提供、遅滞、変更、中止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失等、及びその他、本サービスに関連して発生した会員及び広告主の損害について、当社は第13条(損害賠償)の規定に定めるものを除き一切責任を負いません。

3 本サービスの利用に関連して、会員が他の会員若しくは第三者に対して損害を与えた場合、又は会員が他の会員若しくは第三者と紛争を生じた場合、当該会員は自己の費用と責任で解決するものとし、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

4 広告情報の内容は、広告主が自らの責任によって定めるものであり、その内容に対し当社は一切の責任を負いません。広告情報の内容が、会員又は第三者の権利を侵害し、又は権利の侵害に起因して紛争が生じた場合、当社はその侵害及び紛争に対して何らの責任も負わないものとします。

5 当社は、会員が当社に提供した登録情報その他の情報の保護に対して最大限の努力をいたします。しかし、予期しないクラッキング等の行為によって情報を略取された場合、それによって生じる会員の損害等に対して第13条(損害賠償)の規定に定めるものを除き 何ら責任を負わないものとします。

6 当社は、本サービスを使用、若しくは使用しなかったことに起因するいかなる損害や損失に対しても第16条(損害賠償)の規定に定めるものを除き責任を負いません。

 

第16条 (損害賠償)

1 本サービスの利用にかかる会員と当社との契約が消費者契約法の適用を受ける場合、第15条(免責事項)の規定は、当社の故意又は重過失による債務不履行又は不法行為により会員に生じた損害の賠償との関係では適用されないものとします。

2 当社は、当社の過失(重過失を除くものとします。)による債務不履行又は不法行為に基づき発生した損害のうち特別な事情から生じた損害(当社又は会員が損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。 また、当社の過失による債務不履行又は不法行為により会員に生じた損害の賠償は以下に定める金額を上限とします。

・当社より有償で提供されるサービスに起因して会員に生じた損害については、当社が直近に受領した利用料その他本サービスの対価の額。

・当社より無償で提供されるサービスに起因して会員に生じた損害については、当該会員が当該サービスの利用に際して当該損害が発生した日の属する月に費消した回線費用の額又は500円のうち低い金額。

第17条(当社に対する補償)

1会員は、会員が法令又は本規約等に違反して本サービスを利用したことに起因して(かかる趣旨のクレームを第三者より当社が受けた場合を含みます。)、当社が直接的もしくは間接的に何らかの損害、損失又は費用負担(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを賠償又は補償しなければなりません。

2会員が、本規約等に関連し当社に対して負う債務が弁済期までに支払われない場合、会員は未払額につき完済まで年利14.6%の遅延損害金を支払うものとします。

 

第18条 (権利義務の譲渡)

1 会員は、当社への報告による事前の承諾なく、当社との間の契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2 当社は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い会員との間の契約上の地位、本規約等に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員はかかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他の事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

 

第19条 (規約の変更)

1 当社は、会員の承諾を得ることなく、また、会員に対する事前の通知なく、本規約等を変更できるものとします。この場合、本サービスに関するウェブサイトへの掲載その他当社所定の方法で公表後一週間(発表の翌日の午前0時から起算するものとします。)が経過した時点でその期間内に会員が登録解除手続きを行わない限り、会員によって承諾されたものとみなし、その時点をもって会員との間で適用される本規約等が変更後の本規約等へと有効に変更されるものとします。

2 変更後の本規約等は、別途当社が定めた場合を除き、前項に基づく公表後一週間が経過した時点をもって効力を生じるものとし、本サービスの利用条件は、当該時点より、変更後の本規約等によるものとします。

3 会員が本規約等の変更後に本サービスを利用した場合、会員は前項に定める期間が経過していなくとも、当該利用の時点で当該変更に同意したものとみなされます。

 

第20条(反社会的勢力の排除)

1 会員は、次の各号につき当社に対し表明し、確約するものとします。

①暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 第2条第6号)、暴力団員でなくなった時から5年間を経過しない者、若しくはこれらに準ずる者、又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者(以下、これらを個別に又は総称して「暴力団員等」という。)ではないこと

②自らの行う事業に関し、暴力団員等の威力を利用し、財産上の不当な利益を図る目的で暴力団員等を利用し、又は、暴力団員等の威力を利用する目的で暴力団員等を従事させていないこと

③自らが暴力団員等に対して資金を提供し、便宜を供与し、又は不当に優先的に扱うなどの関与をしていないこと

④本契約の履行が、暴力団員等の活動を助長し、又は暴力団の運営に資するものではないこと

2 当社は、会員が次の各号の一に該当するときは、何らの通知、催告を要せず即時に本契約を解除することができるものとします。

①第1項に違反したとき

②自ら又は第三者をして次に掲げる行為をしたとき

・暴力的な要求行為

・法的な責任を超えた不当な要求行為

・脅迫的言辞又は暴力的行為

・風説を流布し、又は偽計若しくは威力を用いて、当社又は第三者の信用を毀損し、又は当社又は第三者の業務を妨害する行為

・その他前各号に準ずる行為

3 当社は、第2項の規定により本契約を解除した場合、会員に損害が生じても、これを賠償する責を負わないものとします。

 

第21条 (残存条項)

本規約中各条項に特に定めがある場合は当該条項に加え、第8条(サービスの停止・中断・変更・廃止)第4項、第11条(知的財産権)、第12条(権利帰属等)、第14条(会員の情報)、第15条(免責事項)、第16条(損害賠償)、第17条(当社に対する補償)、第18条(権利義務の譲渡)、第19条(規約の変更)、第20条(反社会的勢力の排除)、本条、第22条(協議)、第23条(合意管轄)は、本契約終了後もその効力を維持するものとします。

 

第22条 (協議)

本サービスに関連して、会員と当社又は広告主との間で問題が生じた場合には、各当事者は誠意をもって協議するものとします。

 

第23条 (合意管轄)

本規約等に起因し、又は関連する一切の紛争については、訴額に応じて札幌地方裁判所又は札幌簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年8月20日 制定

トレニードはプロのパーソナルトレーナーが監修する ジムとお客様を

「ストレスなく繋ぐ」ためのパーソナルジム専門情報サイトです